砥石 おすすめ | 2021年の日本の砥石ベスト10

お気に入りの、最もよく使われるナイフをシャープに保つのは面倒です。 どれほど頻繁に(またはまれに)ナイフを分解して使用しても、時間の経過とともに鈍くなります。 そして、あなたが最も頻繁に頼るナイフは、最も速く鈍くなるものです。 鈍いナイフに頼るということは、鈍いナイフを使用すると切断が難しくなり、精度が低下する可能性があるため、効果が低く、潜在的に危険なツールを使用していることを意味します。 ナイフを研ぐのは確かに面倒ですが、良質の砥石を使えば簡単にできます。 砥石とも呼ばれる砥石は、DIYに最適な砥石です。 セラミック、酸化アルミニウム、さらにはダイヤモンドなどのさまざまな素材でできているため、これらの石の1つに沿って数回スワイプすると、ナイフの鋭く微調整された刃を復元できます。

ちょうどいい砥石を探すためにどこから始めたらいいのか気になりませんか? ここで購入できる最高の砥石については、おすすめをご覧ください。

砥石 おすすめ | 2021年の日本の砥石ベスト10

1.  ナイフプラネットプレミアムナイフ砥石セット

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

ナイフプラネットプレミアムナイフ砥石セットは、他の砥石オプションよりも高価ですが、お金ではるかに多くのものを手に入れることができます。この多目的セットには、1つまたは2つのグリットの選択肢だけでなく、なんと4つのグリットのオプションが含まれています。また、砥石自体に付属するアクセサリやエクストラも、さらに便利な機能を追加します。 2つの砥石があり、それぞれ両側に異なるグリットがあります。セットには、非常に鈍くて古い刃用の#400グリット、研ぎを微調整するための#1000グリット、ナイフを非常に詳細に研磨して完成させるための#3000および#8000グリットが含まれています。 2つの滑り止めラバーベースが砥石を固定することで滑りや事故を防ぎ、竹石ホルダーは頑丈な休憩場所になります。 Knifeplanetのオンライン学習プラットフォームにアクセスすることもできます。このプラットフォームでは、砥石を使って研ぎをマスターする方法をすべて自分で習得できます。これは、頻繁に使用する真に包括的なプレミアムチョイスです。

Amazonで詳細を見る

2.  砥石カトラリーナイフ砥石

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

料理用ナイフは絶対に重要なツールであり、日常の万能ナイフよりもさらに速く鈍くなる可能性があります。そのため、ツールキットにWhetstone料理用ナイフ砥石を含める必要があります。 この砥石は、牛刀や料理道具の鋭く正確な刃先を復元するために特別に作られたものであるため、キッチンになくてはならないものです。 丈夫な炭化ケイ素から作られた砥石は、7.01 x 2.24 x1.14インチの大きさです。 片面に#400グリット、もう片面に#1000グリットを備えているため、最も使用されている金属でも分解する粗いグリットと、ナイフの刃先を磨いてきれいにする細かいグリットが得られます。 水と一緒に使用するように設計されているため、この砥石を簡単に包丁、はさみ、その他の刃の種類に使用できます。 そして、それは多くの用途を通して、そして何年にもわたって長持ちし、優れた耐久性を提供します。

 

Amazonで詳細を見る

3.  シャプトン刃のくろまくセラミック砥石

 

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

シャプトン刃のくろまくセラミック砥石は、日本の砥石がますます人気を博している理由の好例です。 日本のナイフの非常に鋭いスライスと切断能力を回復するために作られたこの砥石は、より多くのオプションを提供するので、あらゆる種類のナイフの刃で真に正確で驚くほど鋭いエッジを実現できます。 日本製で、非常に粗い#120から非常に細かい#30000までの10種類のグリットオプションがあり、この砥石のサイズは8.98 x 3.46 x1.57インチです。 粗いグリットで腐食からニックまですべてを取り除き、より高いグリットでナイフのエッジを細かく注意深く仕上げることができます。 どちらを選んでも、自宅で簡単に研ぐのに必要な品質と優れた性能を発揮します。 この石を水しぶきと一緒に使用すると、1分以内に切れ味を取り戻すことができます。

Amazonで詳細を見る

4.  キングKW65砥石

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

どんな砥石でも鋭い刃先を復元することが重要ですが、滑らかな磨きと、ニーズや用途にぴったりの角度の刃先を実現することも重要です。 だからこそ、キングKW65砥石のような細かい砥石が最適です。 この両面砥石は、#1000グリットと#6000グリットを提供します。これらは、ナイフの刃先を微調整するためだけに作られた2つのオプションです。 石のサイズは8x 2.5 x 1インチで、作業中に砥石を固定する基本的なプラスチックベースが付属しています。 研ぎをするためにあなたがしなければならないすべては印象的な家庭の結果を達成するために適切な潤滑のために石を水に浸しそしてそれを湿らせておくことです。 非常に鈍いナイフでも機能し、以前の切断能力に戻ります。 ただし、作業と摩耗が完全に行われることを覚えておいてください。非常に鈍いナイフを使用している場合は、最初は粗いグリットから始めて、プロセスをスピードアップすることをお勧めします。

Amazonで詳細を見る

5. アン砥石キット

 

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

すべてを実行し、あらゆる状態のすべてのナイフの刃を完全に覆うことができる砥石を探している場合は、Ahnr WhetstoneKitが最適なオプションです。このセットには2つの砥石が含まれており、それぞれが2つの異なるグリットを備えた酸化アルミニウムでできており、合計4つのグリットオプションがあります。各砥石のサイズは3.4x 8.4 x 9インチで、#400と#1000のグリットの石と#3000と#8000のグリットの石が1つずつあります。これは、ほぼすべてのことをカバーできることを意味します。粗いグリットは、バリを上げてエッジを鋭くするために、より硬い砥石を必要とする非常に鈍いナイフの刃に最適です。より細かいグリットは、ブレードとその新しく鋭いエッジを研磨して完成させるのに最適であり、結果を微調整することができます。研ぎから仕上げに切り替えるために必要なすべてのもの、またはリフレッシュが必要な異なるブレード間での交換があります。これらの2つの砥石は、ナイフからガーデニングツール、軸など、あらゆる種類のブレードで機能します。

Amazonで詳細を見る

6. アンガーストーン砥石

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

鋭利な工具をお持ちの場合は、AngerstoneWhetstoneが最適な研ぎ装置です。 キッチンナイフやカッターナイフ用にたくさんの砥石が作られていますが、これはほとんど何にでも取り組むことができる砥石です。 サイズが7.08x 2.36 x 1.8インチの水砥石で、#1000と#6000の2つのグリットオプションがあります。 刃が鈍い状態から鋭い状態に戻るので、より高いグリットオプションは、工具の研磨、仕上げ、完成にも理想的です。 この石は、はさみ、狩猟用ナイフ、ノミ、園芸工具、斧で機能します。鋸歯状の刃ではなく、まっすぐな刃を持つものはすべて簡単に鋭くなります。 砥石自体に加えて、使用中に石を所定の位置に保持するシリコンスタンドと、より簡単で安全なDIY研ぎのための角度ガイドも用意されています。

Amazonで詳細を見る

7.  ヨシヒロプロフェッショナルグレード東石日本砥石砥石レビュー

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

これを選ぶ理由はたくさんあります。 同様に、このウォーターストーンはあなたが望む適切な硬度を持っています。 それだけでなく、この砥石は研ぎながらナイフをコントロールするのに十分な弾力性を持っています。
また、吉弘砥石は通常の日本の砥石よりも大きいです。 そのため、シャープニングプロセスが簡単になります。
それの構造はとても良いです。 完全な保護と注意を払って作られています。 この高品質の構造により、ナイフに均一な切れ味が与えられます。 それがこの製品の最も印象的な側面です。

Amazonで詳細を見る

8. 料理へのこだわり砥石ナイフ砥石セットレビュー

 

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

 

料理の執着はあなたが好きかもしれないいくつかの特別な機能をあなたにもたらします。 あなたがプロの効果を探しているなら、あなたはこれをチェックする必要があります。
この砥石ナイフ砥石には2つのグリットがあります-簡単に研ぐための1000グリットと研磨のための6000グリットです。 このツールは、あらゆるサイズのナイフに役立ちます。 シェフ向けに作られていますが、家庭料理人にも最適です。
彼らは、ナイフが鋭く、ナイフが安全であると言います。 そして、この石は研ぎに最適です。 正しい角度を維持するのは簡単なので、ナイフに集中するだけです。 唯一の問題は、まったく必要のない竹の土台です。 しかし、全体として、それは良い製品です。 この価格帯ではこのような商品は手に入りません。

Amazonで詳細を見る

9.  ミズ1000/6000グリットプレミアム砥石ナイフ砥石セット

 

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

このプレミアム砥石ナイフ研ぎ器は、使いやすいもう一つの良いものです。 それは2つのグリットを持っています-1つは鈍い刃を研ぐためのものであり、もう1つは良い仕上がりを与えるために適しています。 ツールはまったく重くありません。 グリッツは両面であり、それはそれをより扱いやすくします。
ゴム製の竹ベースが安定性を保証します。 だからこそ、物事を所定の位置に保持することができます。 この砥石は、刃先を研ぐのに最適です。 あらゆる種類のナイフで使用できます。
また、ガイドが含まれているので、初心者にも役立ちます。 安全、耐久性、コンパクトで、簡単に保管できます。 全体的に、それは簡単に鋭いナイフが欲しい人にとって良いオプションです。

Amazonで詳細を見る

10.  食料品アートナイフ砥石研ぎ

砥石 おすすめ
砥石 おすすめ

食料品アートナイフ砥石は素晴らしい体験を提供します。 両面グリットが付いているので、研ぎがさらに簡単になります。 1000グリットはあらゆるサイズと厚さの刃を研ぐのに最適であり、6000サンドペーパーはそれを磨くのに役立ちます。
滑り止めの竹ベースと2色の砥石を備えた完全な研ぎキットです。 対面竹ベースは、砥石の信頼性を保つことができるラバーシールを使用しています。
組み立てが簡単なため、使いやすくなっています。 この砥石は、刃の大きさに関係なく、簡単に正しい研ぎ角を与えてくれます。 シリコンマウントは、物を所定の位置に保つのにも役立ちます。
ホルダーはスタイリッシュで、グリットがうまく機能し、初心者にも適しています。 この商品には返金保証が付いています。 全体として、試してみる価値はあります。

Amazonで詳細を見る

砥石を所有するメリット

お気に入りのナイフの刃が鈍くなるのを見て、それを保存するために何もできないと感じた場合は、砥石を所有することでメリットが得られます。これらの便利な砥石には多くの利点がありますが、最大のメリットは、優れたナイフを元の栄光に戻すことができることです。自分で簡単に刃を研ぐことができるので、専門家に頼る必要はありません。さらに悪いことに、ナイフを完全に捨てる必要もありません。初めて砥石を使用する場合でも、これらの砥石の1つが鈍いまたは完璧とは言えないナイフにもたらす利点を気に入るはずです。
砥石をお持ちの場合は、ご自宅で自分だけのナイフ研ぎをする能力以上のものを手に入れることができます。砥石には、次のような多くの利点があります。
あらゆるスキルレベルの誰もが習得できる、簡単で便利な自宅での研ぎ。
鈍くなったナイフを交換したり、専門家に研ぎ澄ましてもらう必要がなくなるため、コストを節約できます。そして
あらゆる種類の異なるものをシャープにする柔軟性

 

Related Posts